2021.02.23 08:33

女性盗撮の男に懲役1年6月 高知地裁判決「累犯加重」を適用

 女性のスカート内を盗撮したとして、県迷惑防止条例違反罪に問われた土佐市新居の無職、男性被告(38)の判決が22日、高知地裁であり、吉井広幸裁判官は懲役1年6月の実刑を言い渡した。

 同条例の最高刑は懲役1年だが、検察側は被告が前回の懲役刑から5年以内に犯行を重ねた場合に最高刑を2倍まで引き上げることができる「累犯加重」を適用し、懲役2年を求刑していた。

 吉井裁判官は...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース

ページトップへ