2021.02.23 08:34

留学生が分身ロボで〝家族旅〟 高知大・李さん、韓国の母・妹と香南市満喫

芝居絵屏風の解説を聞き、分身ロボを通じて母親と妹に説明する李洪男さん=右から2人目 (香南市の絵金蔵)
芝居絵屏風の解説を聞き、分身ロボを通じて母親と妹に説明する李洪男さん=右から2人目 (香南市の絵金蔵)
 会えない家族、リモートで水入らずの旅―。新型コロナウイルス禍で帰国できない高知大学の韓国人留学生が21日、遠隔操作可能な分身ロボットを通して母親、妹との〝3人〟で香南市の旅を楽しみ、太平洋や絵金蔵など高知の魅力を共有した。

 物部川DMO協議会が観光庁の実証事業を活用したモニターツアーとして企画。参加した高知大理工学部2年の李洪男(イ・ホンナム)さん(21)=高知市=は、入学した一昨年の夏を最後に帰郷できず、計画していた家族での日本旅行も中止していた。

 李さんは、...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ