2021.02.21 08:35

龍河洞で傷病者想定し救助訓練 香美市

階段に気を付けながら消防隊員が傷病者を運んだ救助訓練(香美市の龍河洞)
階段に気を付けながら消防隊員が傷病者を運んだ救助訓練(香美市の龍河洞)
 香美市土佐山田町逆川の龍河洞で19日、洞内で傷病者が発生した場合に備えた救助訓練が行われ、市消防本部や龍河洞保存会、龍河洞みらいのスタッフら約50人が搬送ルートや手順、所要時間などをチェックした。

 洞内での訓練は8年ぶり。観光、冒険の2コースで実施した。

 観光コースでは、洞の入り口から「記念の滝」までの約220メートル間で訓練。洞内に入った消防隊員らは岩や溝、階段などに気を配り「この先狭いので気を付けて」「(傷病者の)肩が当たらないように」などと声を掛け合いながら、毛布にくるんだ傷病者を慎重に運び出していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース医療・健康香長

ページトップへ