2021.02.20 08:38

[音土景] 音感じる土佐の風景(2)芝はぜる炎の柱 春を呼ぶ【動画】


 空を焦がすように、5メートルはあろうかという炎の柱が立ち上がった。枯れ草がはぜる。熱せられた空気が低くうなりながら巻き上がる。恐ろしくも美しい、生き物のようだ。

 2月上旬。今年も高知県南国市の国分川沿いの流域7キロで、土手の芝焼きが行われた。春を呼ぶ、恒例行事だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ