2021.02.18 08:34

高知県内が雪化粧、津野町16センチ積雪 2/18も冬型続く

視界がかすむほどの雪が舞い散った高知市内(17日午後4時半ごろ、高知市本町4丁目=森本敦士撮影)
視界がかすむほどの雪が舞い散った高知市内(17日午後4時半ごろ、高知市本町4丁目=森本敦士撮影)
 高知県内は17日、上空1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込んだ影響で、中部と西部を中心に雪が降った。雪のピークは18日未明に過ぎるものの、冬型の気圧配置は続く見込みで、高知地方気象台が路面凍結などに注意するよう呼び掛けている。

■関連記事 【動画】高知県内、雪【写真特集】

 高知地方気象台によると、17日の県内は日中も気温が上がらず、吾川郡いの町本川で正午すぎに氷点下4度、高岡郡梼原町で午後1時40分ごろに氷点下3・6度を観測。高岡郡津野町では16センチの積雪が確認された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース

ページトップへ