2021.02.17 08:39

高知市の得月楼で盆梅見頃 古木が鮮やかに

 高知市の老舗料亭、得月楼(高知市南はりまや町1丁目)で、名物の盆梅が見頃を迎えた。全部で約100鉢を並べ、2階の大広間には27鉢を展示=写真。いずれも樹齢200~300年の古木が、鮮やかに咲き誇っている。
 
 1897年から収集を続けており、「楊貴妃」や「月の桂」「古城」など品種もさまざま。紅白やピンクのかわいらしい花に、訪れた客は「こりゃあ見事」「えいもんを見れた」と大喜び。夫婦で訪れた谷村智博さん(69)=高知市=は「しつらえがさすが」と見入り、妻の暁子さん(65)は「癒やされます。良い思い出になりました」と笑顔を見せていた。
 
 盆梅は15日に入れ替えたばかり。通常は昼食などの利用客のみのお楽しみだが、18、19日の午前11時~午後2時、入場料500円で観覧できる。展示は3月上旬まで。(山下正晃)

ページトップへ