2021.02.16 08:25

カラフルでいこう 高知で暮らすLGBT(1)ずっと言えない悩み

同性を好きになる気持ちにずっと悩んでいたまいさん=左。今は大切なパートナーと暮らしている(県内)
同性を好きになる気持ちにずっと悩んでいたまいさん=左。今は大切なパートナーと暮らしている(県内)
 同性愛のレズビアンやゲイ、両性愛のバイセクシュアル、生まれつきの性別に違和感を持つトランスジェンダーなどの性的少数者(LGBT)に該当する人は人口の3~10%いるとされる。

 学校や職場などの身近な場所で、「違い」に悩む人がいる。

 高知市は多様な性のあり方を認め合うまちをうたい、2月から同性カップルを公認する「パートナーシップ登録制度」を始めた。こうした取り組みを待ち望んでいた当事者らの思いを交え、誰もが自分らしく暮らせる、カラフルな街への一歩を考えたい。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ