2021.02.16 08:38

願い叶える!愛の鐘 土佐清水市叶崎を望む新スポット

落成式が行われた「愛の鐘」。叶崎を背景に写真を撮れる(土佐清水市大津)
落成式が行われた「愛の鐘」。叶崎を背景に写真を撮れる(土佐清水市大津)
住民団体設置
 高知県土佐清水市西端の叶崎を望む土佐清水市大津の国道321号沿いにこのほど「愛の鐘」がお目見えした。設置した住民団体「集楽活動センター下川口家」は「鐘を鳴らせば無理な願いも叶(かな)う崎。ぜひ写真を撮りに来て」と呼び掛けている。

 「集楽活動センター下川口家」はこれまで、見どころ紹介マップの作製や案内看板の設置などで地区の観光をPR。今回は足摺岬、竜串などと並ぶ足摺宇和海国立公園の名勝、叶崎の魅力を知ってもらおうと企画した。

 鐘を設置したのは、大津大橋近くの花壇スペース。高さ約2・5メートルのアーチ状オブジェにつるされ、眼前に広がる海と叶崎を一緒に撮影できる。14日の落成式には住民らが集まり、ドレス姿で写真に納まったり、「幸せになれますように」と家族で鐘を鳴らしたりして盛り上がっていた。

 「集楽活動センター下川口家」の弘畑真百合さん(70)は「叶崎は灯台も観音堂もあって最高のロケーション。鐘と一緒に楽しんでほしい」と笑顔で話していた。(山崎彩加)

カテゴリー: 高知のニュース観光幡多

ページトップへ