2021.02.07 08:40

高知県内ドローン活用拡大 測量・農薬散布・自治体災害把握

エレパが昨年11月に開校したドローンスクールで操縦を体験する高校生(いの町楠瀬)
エレパが昨年11月に開校したドローンスクールで操縦を体験する高校生(いの町楠瀬)
操縦講習 受講者が急増
 小型無人機ドローンが高知県内で活躍の場を広げている。市場に出回りだした4、5年前は空撮目的の使用がほとんどだったが、現在は工事の測量や植林用苗木の運搬、農薬散布など用途が拡大。操縦者へのニーズも官民で高まっており、民間の講習受講者は2年で9倍近くに増えている。

 高知市南御座の情報機器販売会社「エレパ」は県内でいち早く、2016年にドローンの販売を始めた。担当者は「映像制作を目的とした購入がほとんどで、半分は趣味といった感じだった」と当時を振り返る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース高知中央

ページトップへ