2021.02.04 08:34

疫病退散を酒に願う 佐川町の司牡丹が「立春朝搾り」出荷

春を祝う「立春朝搾り」を箱詰めする司牡丹酒造の社員(佐川町甲)
春を祝う「立春朝搾り」を箱詰めする司牡丹酒造の社員(佐川町甲)
 春の訪れを喜び幸福を願う酒「立春朝搾り」の出荷作業が3日朝、高知県高岡郡佐川町甲の司牡丹酒造で行われた。今年は新型コロナウイルスの早期収束に向けた疫病退散の願いも込め、720ミリリットル瓶8376本を全国に発送した。

 全国の蔵元などでつくる「日本名門酒会」が毎年企画し、今年は全国44蔵が参加した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース新商品高吾北

ページトップへ