2021.02.04 08:39

放流同意金、高知市「資料ない」 指摘で一転1300枚を公開

「資料はない」との説明から一転、高知市が公開した放流同意に関する公文書
「資料はない」との説明から一転、高知市が公開した放流同意に関する公文書
「隠蔽ではなく手抜き」
 高知市東部の農業団体・土地改良区が、法的な支払い義務がない「放流同意金」を地域住民から徴収していた問題で、高知市環境保全課が、関係資料の情報公開を請求した高知新聞の取材に対し「公開できる資料がない」と事実と異なる説明をし、請求を事実上取り下げさせようとした。その後、「隠蔽(いんぺい)ではないか」との高知新聞の指摘で一転、約1300枚の公文書を公開した。高知市環境保全課は「隠蔽ではなく手抜きだった」と釈明している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ