2021.01.28 08:37

芸西村の黒糖、気軽に使って 砕いて小分け販売

砕いてジッパー付きの袋で販売するよう改良した芸西村の黒糖「白玉糖」
砕いてジッパー付きの袋で販売するよう改良した芸西村の黒糖「白玉糖」
集落活動センターがユーザー目線で改良
 おいしい黒糖、気軽に味わって―。高知県安芸郡芸西村の集落活動センター「げいせい」はこのほど、手作りの黒糖「白玉糖」を食べやすいサイズに砕いた商品を発売した。これまではブロック状で販売してきたが、ユーザー目線で改良した。

 集落活動センター「げいせい」は2017年から耕作放棄地を活用してサトウキビを栽培しており、地元の製糖組合が黒糖に加工している。例年は400グラムほどのブロック状で販売しているが「多すぎて使い切れん」「使わずにしまっている」との声もあったという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース安芸

ページトップへ