2021.01.26 08:32

前職田中氏が出馬表明 4月の四万十市長選 

田中全氏
田中全氏
 任期満了に伴う高知県の四万十市長選(4月18日告示、25日投開票)に、前市長の田中全氏(67)=実崎=が25日、無所属で立候補する意向を表明した。四万十市長選への出馬表明は、現職で3期目を目指す中平正宏氏(64)に続き2人目。

 四万十市立文化センター(四万十市中村桜町)で会見した田中氏は現市政について「市長が決断できず、ビジョンが見えない」と指摘。市営食肉センター建て替えや四万十川沿いの大規模太陽光発電所(メガソーラー)計画への対応、公立保育所の民設民営化などを例に挙げ、「市政運営の在り方を根本的に問いたい」と出馬の動機を説明した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 選挙・政治高知のニュース選挙幡多

ページトップへ