2021.01.26 08:36

高知県内企業の休廃業・解散が最多321件 コロナ禍で急増

先行き不安であきらめか
 2020年に高知県内で休廃業・解散した企業は前年比64件増の321件で、集計を始めた2000年以降で最も多かったことが、東京商工リサーチ高知支店の調査で分かった。経営者の高齢化や後継者不足という構造的要因に、新型コロナウイルス禍の業績悪化も影響した。一方で倒産件数は低水準のままで、東京商工リサーチ高知支店は「コロナ禍で先行きが見通せずに事業を畳む『あきらめ型』の休廃業が全体増につながっている」と分析する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ