2021.01.25 08:32

花火で子ども元気に 高知市潮江南住民がクラウドファンディング

花火大会の内容を打ち合わせる潮江南地区の住民ら(高知市の潮江南小)
花火大会の内容を打ち合わせる潮江南地区の住民ら(高知市の潮江南小)
 新型コロナウイルス禍で地域行事が次々と中止になる中、高知市の潮江南地区の住民が子どもたちを元気づけようと、3月に花火大会を計画している。クラウドファンディング(CF)で資金を募集中で、実行委員会のメンバーは「小さな協力が積み重なって、大きな花火が上がるのを子どもたちに見せたい」と意気込んでいる。

 同地区では40年前から毎年7月に、潮江南小で夏まつりを開催。約千人が集まり、高さ8メートル、幅50メートルのナイアガラ花火で締める名物行事に育っている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ