2021.01.24 08:38

街路市が生きがいの場 高知市シルバーセンター会員が活躍「交流楽しみ」

セメント製の手作りミニ電車を売っている田中修二さん(写真はいずれも高知市の日曜市)
セメント製の手作りミニ電車を売っている田中修二さん(写真はいずれも高知市の日曜市)
ミニ電車販売や情報発信
 高知市シルバー人材センターの会員が、同市の日曜市など街路市の活性化に一役買っている。現役時代の〝腕〟を生かし、自作のミニチュア電車を販売したり、SNS(会員制交流サイト)で旬の商品をPRしたり。買い物客や出店者らと交流を深めながら、シニアライフを楽しんでいる。

 「すごくかわいくない?」「おいっ子が電車好きだから、一つください」

 県内外の買い物客でにぎわう日曜市。家族連れが足を止め、セメント製の小さなちんちん電車を手に取った。
セメントから削り出したミニ電車。県外観光客らに人気という
セメントから削り出したミニ電車。県外観光客らに人気という

 作っているのは田中修二さん(72)=高知市百石町4丁目=だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ