2021.01.18 08:37

和柄あしらった和菓子50点展示 四万十町で1/24まで

さまざまな和柄があしらわれた和菓子(四万十町の古民家カフェ「半平」)
さまざまな和柄があしらわれた和菓子(四万十町の古民家カフェ「半平」)
 色違いの正方形を交互に敷き詰めた「市松」などの和柄があしらわれた和菓子約50点を集めた「日本の文様の和菓子展」が、高岡郡四万十町茂串町の古民家カフェ「半平」で開かれている。24日まで。

 近くの和菓子店「松鶴堂」が手掛けた干菓子やようかん、まんじゅうなどを展示。穏やかな海の波を表現した「青海波(せいかいは)」や、赤穂浪士が討ち入りの際に着ていた装束に使われていたとされるギザギザ模様「鋸歯(きょし)」といった伝統的な文様が、巧みに表現されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 街ダネ高知のニュースグルメ街ダネ高幡

ページトップへ