2021.01.17 08:32

ちいきのおと(3)香我美町山北(香南市)消防車、ミカン畑で“余生”

ミカン狩りに来た子どもたちは思いがけない消防車に夢中(写真はいずれも香南市香我美町山北)
ミカン狩りに来た子どもたちは思いがけない消防車に夢中(写真はいずれも香南市香我美町山北)
観光農園 子どもの遊び場に 本物いじって視線キラキラ
 子どもとミカンに囲まれて“第二の人生”―。高知県香南市香我美町山北の観光農園「土佐の高知のくだもの畑」に引退した消防車が展示され、ミカン狩りに来た子どもたちの人気を集めている。農園を開いた沢村総一さん(73)は「車に親しんだ子どもが将来、消防士になるかもしれん。消防車も大喜びよ」と愉快そうだ。 

「第二の人生も活躍してくれている」と消防車をねぎらう沢村総一さん
「第二の人生も活躍してくれている」と消防車をねぎらう沢村総一さん
 ミカンがだいだい色に色づいた昨年12月。農園中央の「ちびっこひろば」で、子どもたちが歓声を上げていた。車内に乗り込み、本物のポンプやホースをいじって消防士ごっこ。「これで遊ぶのが毎年、楽しみ」。キラキラした視線を浴びて、消防車は真っ赤に照れているような。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ