2021.01.14 08:40

「県JA、認識甘過ぎ」 仁井田米生産者嘆く 偽装調査委報告書

 「現場任せの風土」「内部統制が存在しない」―。JA高知県による仁井田米の偽装表示問題で、13日に公表された外部調査委員会の報告書には、組織の緩さ、意識の甘さを指弾する厳しい言葉が並んだ。辞任表明した武政盛博組合長らJA幹部は「力が及ばず…」と沈痛な表情。仁井田米の生産者らは「ここまでぬるい組織とは」と嘆いた。

 「(職員に)『本当にやるのか。大変なことになる』と聞かれたが、『問題ない』と答えた」―。全43ページの報告書には、偽装があった四万十営農経済センター(高岡郡四万十町)の職員6人の様子が生々しく記される。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース高幡

ページトップへ