2021.01.12 08:39

中芸の魅力体感して 2~3月にゆずFeS 1/12から受付

中芸地域の魅力を体感する「ゆずFeS」をPRする関係者(安田町の中芸広域体育館)
 中芸地域の魅力を発信するイベント「ゆずFeS(フェス)」の参加受け付けが12日に始まる。2~3月にかけて、食や鉄道遺構探索、運動など9プログラムが行われる。

 ゆずフェスは、旧魚梁瀬森林鉄道とユズの物語が日本遺産に認定された中芸5町村の人、自然、文化に注目した住民主体の催し。小規模イベントを短期間に集中開催する手法で2018年以降5回開かれ、延べ782人が訪れた。

 第6弾は、「きれいな姿勢でめっちゃ動けるカラダづくり」などで幕開け。林鉄支線の探索ツアーや、“限界集落”を訪ねるプログラムがある。合気道体験やフォークギター、アロマクラフトのレッスンなども用意した。新型コロナウイルスを考慮し、定員は多くても10人ほどとした。

 また、ゆずフェスのパンフレット持参で、域内の七つの飲食店で食後のコーヒーやアイスクリームが何度でも無料になる特典を初めて設けた(2月14日~3月14日)。準備に携わった住民らは「中芸には芸達者な人が多い。コロナ下だが、先を見据えた活動で地域を元気にしたい」と話している。

 いずれも参加費と事前申し込みが必要。問い合わせは主催の「中芸のゆずと森林鉄道日本遺産協議会」(0887・30・1865)へ。(北原省吾)

ゆずFeSプログラム一覧
★きれいな姿勢でめっちゃ動けるカラダづくり(2月20日=田野町「PLUS+整骨院」)
★十畳合気道場の体験教室(2月20、27日、3月6、13日=奈半利町「ガレコレ」)
★フォークギター 初級コース(2月28日、3月14日=奈半利町の安岡敏彦さん宅)
★アロマクラフトレッスン(2月28日、3月14日=安田町「いなかじかん」)
★魚梁瀬森林鉄道支線探索ツアー(3月6、7日=北川村「旧西谷支線沿線」)
★瞑想(めいそう)にでかけよう!金林寺で阿字観体験(3月9日=馬路村「金林寺」)
★“限界集落”北川村木積を訪ねる(3月13日=北川村「木積集会所」)
★ジャングルトマト狩り体験(3月14日=安田町東島)
★足つぼのお勉強会(2月16日、3月2、9日=安芸市「中西さんのリラクゼーションa―un」)

ページトップへ