2021.01.04 08:36

情報端末で障害児教育が充実 県内特別支援校1人1台心待ち

タブレット端末を使い、ゲーム感覚で算数を学ぶ子どもら(日高特別支援学校)
タブレット端末を使い、ゲーム感覚で算数を学ぶ子どもら(日高特別支援学校)
 2021年度に、高知県内の公立小中学生に1人1台のタブレット端末が導入される。とりわけ機器を心待ちにしているのが、障害のある子どもが通う特別支援学校だ。音声読み上げ、コミュニケーション補助、遠隔通信などさまざまに活用できるだけに、「ICT(情報通信技術)機器で自立支援が充実する」と期待している。

 高知県教育委員会によると、県立特別支援学校への端末整備は2015年度に始まった。現在は全13校(小中学部生約300人)に教員分と合わせ、135台を配備。来年度に358台が新規導入される。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 医療・健康教育高知のニュース教育

ページトップへ