2021.01.03 08:35

キリンも「モ~」と鳴く!?のいち動物公園で企画展

県立のいち動物公園で飼育されているアミメキリン。子どもが「モー」と鳴くらしい(香南市野市町大谷)
県立のいち動物公園で飼育されているアミメキリン。子どもが「モー」と鳴くらしい(香南市野市町大谷)

 丑(うし)年に合わせ、牛の仲間のキリンを紹介する企画展が、香南市の県立のいち動物公園で開かれている。幼いキリンが「モー」と鳴くとされ、聞けるとモ~っといい年になるかも。11日まで。

 キリンは偶蹄目(ぐうていもく)に分類される牛の仲間。同園のアミメキリンも、前歯がなかったり、食べ物を反芻(はんすう)したりと共通点が多い。同園では6年前、「モー」と鳴く瞬間の動画撮影に成功している。

 今回は、どうぶつ科学館内に牛の仲間の生態や同園のキリンを紹介するポスターを展示。繁殖のために岡山市の池田動物園に引っ越すキリンのサンタロウへのメッセージ板も設置している。

 企画展に合わせ、名前に「うし」「牛」が付く来園者先着50人に、オリジナル缶バッジをプレゼントする。(小笠原舞香)

カテゴリー: 高知のニュース観光香長

ページトップへ