2020.12.25 08:35

2020高知(4)「税」 ふるさと納税汚職 返礼品バブルの裏で

押収資料を運び出す県警の捜査員(3月3日、奈半利町役場)
押収資料を運び出す県警の捜査員(3月3日、奈半利町役場)

 3月、高知県東部の町に激震が走った。
 
 ふるさと納税を担当し、町内外で「エース職員」として知られていた安芸郡奈半利町の課長補佐、柏木雄太被告(42)が、返礼品の扱いで町内の業者に便宜を図った見返りに賄賂を受け取ったとして逮捕された。
 
 県警はさらに、贈収賄容疑で柏木被告の親族らを相次いで逮捕した。計7人が贈収賄罪などで起訴され、立件総額は県内の汚職事件で過去最高となる約9377万円となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ