2020.12.19 08:43

「龍馬の短銃」リアル過ぎ?高知南署、銃刀法違反と判断 購入者に回収呼び掛け

銃刀法違反に当たるとされた「坂本龍馬先生の短銃」(県警提供)
銃刀法違反に当たるとされた「坂本龍馬先生の短銃」(県警提供)

販売製造会社と社長を書類送検
 「坂本龍馬先生の短銃」と銘打って高知市の会社が製造販売している観賞用のモデルガンが、本物の拳銃と見間違う恐れがあるとして、高知南署は18日、銃刀法違反容疑で同社と女性社長(58)を書類送検した。同署は流通したモデルガンの回収を呼び掛けている。

 「龍馬の短銃」は2003年、高知空港の愛称が高知龍馬空港になるのを記念し、「カリノ美工」が製造。龍馬が高杉晋作から護身用に譲り受け、寺田屋事件の際に使ったとされる短銃をモデルに銅や真ちゅうで造っている。弾丸を装塡(そうてん)する弾倉や引き金などはない。

 一方、金属製のモデルガンは本物と見分けづらい。犯罪に使われるのを防ぐため、銃刀法は金属製のものは銃口を完全にふさぎ、握り手以外の表面は白か黄色にするよう規定している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ