2020.12.14 08:36

不登校生徒に新たな「居場所」 高知県教委が4中学に特別教室

広島県が設けている不登校対応の教室。普段の教室と趣を変える工夫を凝らす(同県教委提供)
広島県が設けている不登校対応の教室。普段の教室と趣を変える工夫を凝らす(同県教委提供)
 不登校の子どもを減らそうと、高知県教育委員会は2021年度、県内4中学校に専任教員を配置した特別な教室を設ける。学校になじめず、不登校の初期段階にある子らの「居場所」を校内に設け、学校復帰へとつなげる。広島などで始まっている先駆的な取り組みで、高知県の2021年度当初予算見積もりに関連費86万円を計上した。

 文部科学省は不登校を「年間30日以上の欠席」と定義する。高知県内の2019年度の不登校の児童生徒は千人当たり22・4人で、全国(平均18・8人)で4番目に多い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース教育教育

ページトップへ