■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2020.12.09 08:35

仁淀川町で水道料30%引き上げ 水道管や施設が老朽化

 高知県吾川郡仁淀川町は来年4月分から水道料金を30%引き上げる方針を決め、8日開会した町議会12月定例会に町簡易水道事業給水条例の一部改正議案を提出した。

 引き上げは2005年の合併後初。引き上げ後は、平均的な一般家庭(月20立方メートル使用)の水道料が月額1600円から2080円(いずれも税込み)となり、約1千万円の増収を見込んでいる。

 仁淀川町町民課によると、町内の水道管全長約70キロのうち、耐震化が完了しているのは15・8%止まり。老朽化した施設や管の改修も今後増えることなどから引き上げを決めた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ