2020.12.09 08:34

衆院選 れいわ新選組が高知県で候補擁立も 山本代表が演説

「国民の生活を底上げする政策が必要だ」と話す山本太郎代表(8日午後、高知市帯屋町1丁目=森本敦士撮影)
「国民の生活を底上げする政策が必要だ」と話す山本太郎代表(8日午後、高知市帯屋町1丁目=森本敦士撮影)
 れいわ新選組の山本太郎代表が8日、高知市内で街頭演説し、個人消費の喚起に向けて、消費税廃止や国民への現金給付などを訴えた。次期衆院選に向けた野党共闘の条件を「消費税減税」とし、まとまらない場合には県内選挙区や比例代表四国ブロックへの候補者擁立も示唆した。

 山本氏は「この20年で実質賃金は下がる一方で、消費税は増税された。国の経済政策の失敗だ」と指摘した。

 その上で、「大事なのは経済を回すことだ」と主張。「消費税廃止」と、国債の発行を財源にした「新型コロナウイルスの収束まで1人当たり毎月10万円の給付」を掲げた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ