2020.12.08 14:38

日曜市の地図が全国優秀賞 全400店調査 地域別に分析

明治大付属明治中高の地理研究部員と、日曜市についてまとめた受賞作品(東京都調布市の同中高)
明治大付属明治中高の地理研究部員と、日曜市についてまとめた受賞作品(東京都調布市の同中高)
東京・明治大付属中高の地理研究部「唯一無二の文化」と紹介
 全国の教員らでつくる環境地図教育研究会が募集した今年の「私たちの身のまわりの環境地図作品展」で、高知市の日曜市をテーマにした明治大付属明治中高校(東京都調布市)の地理研究部の作品が優秀賞に当たる日本地理学会長賞を受賞した。全約400店から聞き取った労作で、部員らは「市場の皆さんが協力してくれたおかげ」と喜んでいる。 

 地理研究部は春休みのたび各地を訪ね、街並み保存などを調べている。今年は新型コロナウイルスの影響で中止になり、過去5年に訪ねた場所のうち、「生徒の要望で2回行き、濃いデータを得た」(顧問の由井将雄教諭)という日曜市をテーマに選んだ。

日曜市の全店に聞き取り、売っている物などで細かく色分けした地図作品
日曜市の全店に聞き取り、売っている物などで細かく色分けした地図作品
 2015、19年の調査結果として、全約400店を野菜▽農産加工物▽金物刃物―などに分類し、「朝倉40店」「いの町18店」と地域別でも分析。小間のにぎやかな写真とともに、300年以上続く歴史や経済波及効果を1枚の紙にカラフルにまとめている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース教育高知中央教育

ページトップへ