2020.12.06 08:36

国道493号小島トンネル開通 北川村、豪雨の地滑り区間にバイパス

小島トンネルの開通を祝いテープカットする浜田省司知事(中央)ら=北川村小島
小島トンネルの開通を祝いテープカットする浜田省司知事(中央)ら=北川村小島

 2014年に大規模な地滑り被害に遭った安芸郡北川村小島の国道493号の復旧と改良へ、高知県が整備を進めていた「小島トンネル」(913メートル)が5日、開通した。延長約1キロのバイパスルートとなり、被災区間を含む危険箇所を回避する。将来、高速道路網「四国8の字ルート」の阿南安芸自動車道の一部にできる仕様とした。

 地滑りは14年8月の台風による豪雨で発生。奈半利川沿いの493号が約200メートルにわたり被災した。一帯は大規模な地滑りが起きやすい地形のため、トンネルを抜いて安全性を確保するバイパス整備を検討。災害関連事業として国に採択された。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ