2020.12.06 08:50

接触なくてもひき逃げ?高知市で自転車の女子高生、車よけ転び重傷 高知南署が捜査

情報提供を呼び掛ける看板が立つ事故現場付近(高知市朝倉丙)
情報提供を呼び掛ける看板が立つ事故現場付近(高知市朝倉丙)

60~70代運転男性 2000円渡し去る
 高知市の県道で10月、自転車で登校していた女子高生が進路を突然遮ってきた車をよけようとして転倒し、鼻の骨を折るなどの重傷を負う事故があった。運転手は生徒に「自転車の修理代」として2千円を手渡し、立ち去ったが、県警によると、接触がなくても不適切な車の運転によって事故を誘発した可能性がある。高知南署はひき逃げも視野に運転手を捜している。

 捜査関係者によると、事故は10月14日午前7時40分ごろ、同市朝倉丙の県道で発生。高校1年の女子生徒(15)が自転車で東へ向かっていると、前方から来た乗用車が自転車の前に左折してきたという。

 生徒の家族によると、車が指示器を出さずに突然左折してきたため、生徒は衝突を避けようと、自転車のハンドルを急いで右に切った。はずみで体が投げ出され、地面に顔などを打ち付けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ