2020.12.04 08:36

高知工科大から初選出 新宅真弥内野手が日本代表候補に 大学野球

野球の大学日本代表候補に選ばれた高知工科大の新宅真弥内野手(春野運動公園)
野球の大学日本代表候補に選ばれた高知工科大の新宅真弥内野手(春野運動公園)
「さらに成長を」 合宿中止にも前向く 
 野球の大学日本代表候補に高知工科大から初めて、3年生の新宅真弥(まさや)内野手が選ばれた。新宅は「びっくりしたのが一番」としながら、「(社会人でも)野球を続ける上でプラスになる」と自信を深めている。4日から松山市で予定されていた強化合宿は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、「(代表候補として)恥ずかしくないプレーをしたいとモチベーションにつながった。この冬でさらに成長したい」と前を向いている。
 
 新宅は広島県出身。強豪、広島新庄高時代には甲子園出場がかなわなかったものの、「楽しんで野球をやりたい」と進学した工科大で飛躍した。俊足巧打を武器に1年秋のリーグ戦からスタメンに定着し、2季連続でベストナイン(遊撃手)を獲得。2年春、全日本大学選手権に出場した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース

ページトップへ