2020.12.03 08:43

新型コロナ 高知県が対応レベル「警戒」に 12/2新たに8人感染

会食「可能範囲で縮小を」今後2週間 
 高知県と高知市は2日、県内で新型コロナウイルスの感染者が新たに8人確認されたと発表した。県は同日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県内の直近7日間の感染者が16人となったことなどを踏まえ、県の対応のステージを5段階中3番目の「警戒」に引き上げた。浜田省司知事は県民に感染防止の徹底に加え、今後2週間、会食を可能な範囲で規模縮小したり時間短縮したりするよう呼び掛けた。

 県は新型コロナ対応を、感染観察▽注意▽警戒▽特別警戒▽非常事態―の五つのステージに分類=表参照。1日に経路不明の感染者が5人確認されたため、県は同日にステージを「注意」とした。

 2日には、さらに経路不明の2人を含む8人の感染が判明。浜田知事は「会食が感染の契機になったと疑われる事例も多い」として、会食時の配慮を呼び掛ける「警戒」に引き上げた。病床の利用状況などにはまだ余裕があるが、「早い段階で県民に具体的なお願いをした方が良いと判断した」という。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ