2020.11.30 14:37

南国市刺傷で37歳男に逮捕状 現場近くに包丁 凶器か

 29日、高知県南国市岡豊町蒲原の市道に止めた軽乗用車内で、県外在住の20代女子学生が、運転していた男に刃物で腹部を刺された事件で、南国署が現場近くの高速道路内で包丁1本を発見していたことが30日、分かった。男は車を放置して逃走。南国署は殺人未遂容疑で南国市在住の男(37)の逮捕状を取り行方を追っている。

 南国署は、29日午後7時ごろから現場近くの高知自動車道南国インターチェンジ(IC)―高知ICの下り線を約40分間通行止めにし、周辺を捜索。中央分離帯の上で骨切り包丁1本を発見した。包丁に付着した指紋の鑑定を進め、この包丁が凶器かどうか調べている。男は身長約170センチ。丸刈りに眼鏡、ジーンズをはいていたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 事件事故香長高知のニュース

ページトップへ