2020.11.29 08:35

不登校児の母親ら体験語る「苦しみ受容して」 高知県教育相談研究会 

不登校支援について考えた研究会(高知市の県立塩見記念青少年プラザ)
不登校支援について考えた研究会(高知市の県立塩見記念青少年プラザ)
 子の苦しみも、親の苦しみも理解して―。不登校支援について考える県教育相談研究会(横田隆会長)の研究発表会が28日、高知市で開かれ、不登校児の親の思いや専門家の話に教員ら約70人が耳を傾けた。

 子どもが不登校だった母親2人が体験談を披露。「息子はなぜ頑張って学校に行かないのかと腹立たしかった」「夫に『不登校は甘やかした結果』と言われ、自分の子育ては間違っていたのかと何度も泣いた」などと、負の感情にさいなまれた当時を振り返った。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 子育て高知中央教育教育すこやか子育て

ページトップへ