2020.11.29 08:39

不屈の「火の玉」虎の守護神 藤川球児の軌跡(11=終)粉骨砕身

22年間のプロ生活に幕を下ろした藤川球児。笑顔でファンに別れを告げた(11月10日、甲子園)
22年間のプロ生活に幕を下ろした藤川球児。笑顔でファンに別れを告げた(11月10日、甲子園)
何の後悔もない
 「6連戦に全て登板する準備をするのがモットーだった。今季は2連投ですら『あれ?』と思った」「コントロールがうまくいかない。実は昨年からあった。僕の中では確実に何かあるな、と」

 9月1日の会見で、藤川球児は今季限りで現役を退く理由を明かした。

 それから2カ月後。引退試合を終えた会見で、「ことしの成績を見てもらえれば。数字が残せてなければそれで終わり」。そして、「何の後悔もない」と言い切った。
 
  ◆  
 
 「火の玉」「魔球」と称されたストレートが、人々の目に焼き付いている。うなりを上げる剛速球が、全てのプロ野球ファンを魅了し続けてきた。

 なぜ、球児は愛されたのだろうか。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ