2020.11.25 08:35

コロナ対策含む「衛生的な観光地」認証 物部川DMO協が独自制度

「ものべSSS」の認証書を授与されたアクトランドの北村博美代表取締役=左=と、物部川DMO協議会の丸岡克典代表理事(香南市野市町大谷)
「ものべSSS」の認証書を授与されたアクトランドの北村博美代表取締役=左=と、物部川DMO協議会の丸岡克典代表理事(香南市野市町大谷)
 高知県の南国市、香南市、香美市の観光業者らで組織する物部川DMO協議会が、独自の衛生基準認証制度「ものべSSS(スリーエス)」を創設し、運用を開始した。新型コロナウイルス対策を含む衛生管理に流域全体で取り組み、安心・安全をアピールする。

 認証基準は、密集回避▽換気▽消毒▽拭き掃除の徹底▽従業員の健康管理を確認できる体制―などの7項目。一帯の観光施設や店舗、事業所など、人が多く立ち寄る場所を中心に選定する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 香長高知のニュース

ページトップへ