2020.11.23 08:35

ミカン食べ放題×音楽ライブ 香南市の畑で11/29 農家男性企画 声優・島本須美さんトークも

「ミカンとライブを楽しんでほしい」と話す安岡大祐さん。後ろのステージを手作りした(香南市香我美町山北)
「ミカンとライブを楽しんでほしい」と話す安岡大祐さん。後ろのステージを手作りした(香南市香我美町山北)

 香南市香我美町山北の段々畑で29日、音楽ライブと無農薬ミカンの食べ放題を楽しむイベントが開かれる。「ミカンの産地、山北を盛り上げたい」と農家男性が企画し、仲間らとステージを手作りした。当日は高知市出身の声優、島本須美さんもトークショーで舞台に上がる。

 主催するのは安岡大祐さん(35)。高知園芸高校(現・春野高校)を卒業後、山北の「イングリッシュガーデンハウス」でミカン栽培を15年学んだ。昨年1月に独立し「山大OUTER GARDEN(アウターガーデン)」を開業。約120アールの畑で、一般販売用のほかオーナー制でもミカンを栽培している。

 ただ、今年は新型コロナウイルスの影響か、春から夏にかけて県外のオーナーが離れて収益が激減。現在は回復したものの、一時は「ミカン農家をやめることまで考えた」という。

 音楽好きの安岡さんはこれまでにも、高知市のクラブイベントなどでミカンをPRしており、今回は密を避けながらより発信力のある催しをと、ミカン畑を会場にすることにした。

 段々畑の下に設置したステージは、5メートル×4メートル。友人らの手も借り、約1カ月かけてパイプや板材をくみ上げた。すり鉢状の地形を生かした野外ライブ会場ができ、安岡さんは「せっかく作ったので、今後はほかの人にも使ってもらいたい」と話している。

 「美味しいみかんの収穫祭」と銘打ったイベントでは島本さんのトークのほか、シンガー・ソングライターの堀内佳さん(四万十市出身)ら9組の生演奏が披露される。

 午前11時開場で午後5時まで。入場料は1人2千円で小学生以下無料。検温などを行う。(川嶋幹鷹)

ページトップへ