2020.11.22 08:40

デジタル化は「人に寄り添うため」河野行革相が高知市で講演

「デジタル化は人に寄り添うため」と話す河野太郎行政改革担当相(高知市のホテル日航高知旭ロイヤル)
「デジタル化は人に寄り添うため」と話す河野太郎行政改革担当相(高知市のホテル日航高知旭ロイヤル)
 河野太郎行政改革担当相が21日、自民党の高野光二郎参院議員(徳島・高知選挙区)が高知市で開いた政治資金パーティーで講演し、菅政権のデジタル化の取り組みは「人に寄り添うためのものだ」と意義を訴えた。

 河野氏は、デジタル社会のメリットを、行政手続きのはんこ廃止の動きを例示しながら「利便性が上がる」と強調。さらに、業務の省力化を通じて「(働き手が減る中)人手をかけるべきところ、ぬくもりが大事なところに人を振り分けられる」と述べた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ