2020.11.21 08:35

かわうそ市場 売上高7億円 須崎の通販サイト

カンパチのわら焼きたたきをPRするしんじょう君と守時健社長(高知市のひろめ市場)
カンパチのわら焼きたたきをPRするしんじょう君と守時健社長(高知市のひろめ市場)

鮮魚活況 7カ月で
 須崎市の企画会社パンクチュアル(守時健社長)は20日、運営する通販サイト「高知かわうそ市場」が開設7カ月で約7億円を売り上げたと発表した。須崎市の養殖カンパチやマダイのほか、今月テレビや会員制交流サイト(SNS)で取り上げられた幡多郡大月町のブリが爆発的に注文を伸ばし、売り上げを押し上げた。

 市のキャラクターしんじょう君が店長を務める「―市場」は4月に開設。新型コロナウイルスによる外出自粛で販路がなくなった養殖カンパチなどの食材を消費者に直接販売している。しんじょう君ファンらがSNSで支援していることも、売り上げ増につながっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ