2020.11.20 14:38

高知市の弥右衛門公園「マナー悪い」 ポイ捨て、騒音、器物損壊…

手すりのねじが外され、使用禁止となったベンチ(高知市高埇)
手すりのねじが外され、使用禁止となったベンチ(高知市高埇)
6月オープン大人気 近隣住民から苦情続々
 6月に開園した高知市高埇の「弥右衛門公園」の近隣住民らが憤っている。公園利用者によるごみのポイ捨てや深夜の騒音に悩まされ、ベンチが壊されるなどの被害も。「公共の財産を大事に」「マナーを守って」。住民らは強い口調で訴えている。 
 
遊具で楽しむ親子連れら(高知市高埇)
遊具で楽しむ親子連れら(高知市高埇)
 久万川沿いの弥右衛門公園は、市が南海トラフ地震に対応する大規模防災公園(4ヘクタール)として約9億円で整備。遊具を配した「ちびっこ広場」や健康器具を並べた「健康広場」などがある。週末は駐車場(34台)がいつも満杯。遊具の前に列ができ、1日千人を超える親子連れらでにぎわう人気ぶりだ。
 
白いオブジェはスケボーで乗り上げたとみられる赤い跡で汚されていた(高知市高埇)
白いオブジェはスケボーで乗り上げたとみられる赤い跡で汚されていた(高知市高埇)
 だが、開園当初から一部利用者のマナーの悪さが問題に。管理する高知市みどり課には、住民や近隣施設から「ポイ捨てがひどい」「夜もうるさくて眠れない」「周囲に勝手に駐車されて困る」との苦情が相次いだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ