2020.11.20 08:34

高知よさこい情報交流館で「VR・XR体験デー」コロナ下でも祭りの臨場感

VR体験する職員。祭りの臨場感が味わえる(19日午後、高知市の高知よさこい情報交流館)
VR体験する職員。祭りの臨場感が味わえる(19日午後、高知市の高知よさこい情報交流館)
 新型コロナウイルス下の新しいよさこい祭り体験として、ゴーグルを装着すると目の前に踊り子がいるような臨場感を味わえる「仮想現実(VR)」の体験イベントが20、21日に高知よさこい情報交流館(高知市はりまや町1丁目)で初めて開かれる。

 VRは、県内外のよさこい好き6人による「VR・XRでよさこい祭りの世界観を創造する会」が発案。VRに詳しい高知工科大の繁桝博昭さん(47)に協力を求め、7、8日に東京・台場などで無観客で行われた「ドリーム夜さ来い祭り」で映像を撮影した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ