2020.11.19 08:38

県内教諭、児童ポルノ所持 罰金刑 停職処分受け辞職

 高知県教育委員会は18日、児童ポルノ動画を所持していたなどとして、高知県立山田特別支援学校田野分校の男性教諭(55)を停職6カ月の懲戒処分とした。同日の臨時教育委員会で決めた。男性教諭は処分決定を受け、高知県教育委員会に同日付で辞職届を提出し承認された。

 高知県教育委員会によると、男性教諭は2019年7月ごろから、インターネット上で入手した成人のわいせつ動画1点をファイル共有ソフトで公開。県警が今年3月、家宅捜索したところ、18歳未満の少女のわいせつ動画1点をパソコンにダウンロードし所持していたことも判明した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会事件事故

ページトップへ