2020.11.19 08:20

専門家「災害時、福祉と危機管理連結を」 要支援者対策説く 高知市で講演会

「誰一人取り残さない防災を」と訴える立木茂雄教授(18日午後、高知市本町5丁目の高知会館)
「誰一人取り残さない防災を」と訴える立木茂雄教授(18日午後、高知市本町5丁目の高知会館)
 高齢者や障害者ら、災害時に自力避難が難しい人たちの支援を考える講演会が18日、高知市内で開かれた。同志社大学の立木茂雄教授(65)=福祉防災学=は、要支援者の支援方法を明記する「個別計画」策定に福祉の専門職員が関わる有効性を強調。「福祉と危機管理が連結し、誰一人取り残さないプランづくりが必要だ」と呼び掛けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ