2020.11.16 14:37

JA高知県 新米に古米混ぜる 仁井田米の偽装表示で新たに発覚

 JA高知県(武政盛博組合長)による「仁井田米」の偽装表示問題で16日、JA高知県の四万十営農経済センター(高岡郡四万十町)が扱った2020年産の仁井田米の新米の一部に、2019年産の古米を混ぜていたことが新たに分かった。JA高知県は「食品表示に関する現場の認識が不足していた。混入量や経緯、販売額などは精査中」としている。
 
 食品表示法では、新米に古米を混ぜる場合は「複数年産米」と表示しなければならない。JA高知県の説明によると、四万十営農経済センターは10月16~30日の間、2019年産を混ぜた仁井田米を2020年産と表示し、主に県内のスーパーなど複数の小売店に販売していたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会

ページトップへ