2020.11.12 08:38

サッカー天皇杯 高知U、県勢初3回戦突破 FC徳島に2―1

【3回戦 高知ユナイテッドSC―FC徳島】前半ロスタイム、同点弾を決めて喜ぶ高知U・田口7=左端(香川県Pikaraスタジアム=佐藤邦昭撮影)
【3回戦 高知ユナイテッドSC―FC徳島】前半ロスタイム、同点弾を決めて喜ぶ高知U・田口7=左端(香川県Pikaraスタジアム=佐藤邦昭撮影)

 サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第5日は11日、香川県丸亀市のPikaraスタジアムで3回戦の残り1試合が行われ、高知県代表の高知ユナイテッドSCは、徳島県代表のFC徳島に2―1で逆転勝ちして、4回戦に駒を進めた。県勢が3回戦を突破するのは初めて。
 
 高知Uは序盤苦戦し、前半7分、徳島に先制ゴールを決められる。なかなか追い付けなかったが、ロスタイムにMF田口のシュートで同点として折り返す。後半はシステムを変え、守備のリズムをつくると、31分、右クロスから、ペナルティーエリア内のFW長尾が右足で決めて勝ち越し点を奪った。FW赤星は2アシスト。その後は徳島の反撃を無失点に封じた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ