2020.11.03 08:45

高知市 一等地20年塩漬け 売却決定後も作業放置 補導センター跡

高知市中心部にある市少年補導センター跡地。20年以上、空き地のままになっている(同市本町1丁目)
高知市中心部にある市少年補導センター跡地。20年以上、空き地のままになっている(同市本町1丁目)
 高知市中心部にある市少年補導センター跡の市有地(本町1丁目)が20年以上、塩漬け状態になっている。電車通り沿いの100坪(330平方メートル)を超える一等地だが、民間参入の呼び掛けが不発に終わるなど、有効利用にこぎつけられないまま時間だけが経過。5年前、売却を決めたにもかかわらず作業は滞り、行政の「不作為」と言われかねない状況だ。
 
 少年補導センターは1998年に移転。以降、跡地(364平方メートル、地図参照)は空き地となり、臨時駐車場などの利用にとどまっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ