2020.10.27 14:36

文化功労者に西川きよしさん 漫才師で初の快挙 高知市出身

「お客様、やすしさんのおかげ。感謝しかない」と語る漫才師の西川きよしさん(大阪市の吉本興業大阪本社)
「お客様、やすしさんのおかげ。感謝しかない」と語る漫才師の西川きよしさん(大阪市の吉本興業大阪本社)
「お客様のおかげ」 “やす・きよ”時代築く
 惜しまぬ努力でその道を究めた各界の第一人者たちが27日、2020年度の文化勲章や文化功労者に選ばれた。高知市出身の西川きよし(本名・潔)さん(74)は、漫才師として初めての文化功労者となった。高知県出身者が文化功労者に選ばれるのは、2009年度の作家、故・宮尾登美子さん以来で、通算12人目になる。

 西川さんは、故・横山やすしさん=宿毛市沖の島出身=との“やす・きよ”コンビで一時代を築き、今もお茶の間に愛され続ける大ベテラン。「(文化功労者に)名前を挙げてもらったのはお客様のおかげ」と感謝した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央

ページトップへ