2020.10.22 08:41

高知市帯屋町にアンテナショップ「まっこと!須崎」開店

昼は産直市、夜は居酒屋
22日に開店する「まっこと!須崎」(写真はいずれも高知市帯屋町1丁目)
22日に開店する「まっこと!須崎」(写真はいずれも高知市帯屋町1丁目)

 
 食を中心に高知県須崎市の魅力を伝えるアンテナショップ「まっこと!須崎」が22日、高知市帯屋町1丁目にオープンする。昼はランチも提供する須崎の産直市、夜は居酒屋と多彩な顔を持つ“欲張りな店”として船出する。

 須崎市内を中心に飲食店を展開するカイエン(須崎市緑町、宮本貴光社長)が「須崎のいいものを自分たちの手でもっと売りたい」と3年前から構想。四国銀行中央支店北側のビル1階に開店した。

 店舗は約180平方メートルで、最大74席の飲食スペースを設けた。昼営業では、須崎で仕入れた鮮魚や野菜などを直送販売し、1パック数百円からの刺し身などはイートインも可能。海鮮丼や鍋焼きラーメンといったランチ(午前10時~午後3時)も提供する。

 夜は居酒屋になり、鮮魚や特産の干物、練り物、シシ肉など、須崎の味を堪能できる。物販コーナーでは、須崎市のキャラクター「しんじょう君」グッズなど約50品目を販売する。

欲張りな店を目指すと話す宮本貴光社長
欲張りな店を目指すと話す宮本貴光社長

 店内の大型スクリーンでは常時、須崎市の名所や四季の映像を放映。スペースを利用したイベントや会合、商談会などの利用も見込んでいる。

 須崎市出身の宮本社長(45)は「形態にとらわれない欲張りな店にしたので、須崎を知っている人も知らない人も、ぜひ一度足を運んでほしい」と話し、「海山川の恵みを提供して、須崎を応援していきたい」と意欲を見せていた。

 午前10時~午後11時。12月31日と元日は休業。問い合わせは「まっこと!須崎」(088・855・8369)へ。(富尾和方)

関連記事

もっと見る

ページトップへ