2020.10.20 14:37

高知県人口69万人割れ 1年4カ月で1万人減 県推計

 高知県の人口が10月1日時点で69万人を割り込み、68万9785人になったことが20日、県の推計で分かった。死亡数が出生数を上回る自然減が拡大傾向にある中、転出が転入を上回る社会減も続き、2019年10月1日からの1年間では7889人減少した。

 70万人割れから69万人割れまでにかかった期間は1年4カ月間。「72万人割れ→71万人割れ」「71万人割れ→70万人割れ」の場合は1年2カ月間で、減少のペースはやや鈍化した形となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済

ページトップへ