2016.08.08 08:13

第63回よさこい祭り 出場205チーム紹介≪さ~た行≫

 いよいよ明日からよさこい祭り。第63回の2016年は前夜祭が8月9日、本番が8月10、11日、全国大会・後夜祭が8月12日。205チーム約1万8千人が、高知市内16カ所の競演場・演舞場で練習の成果を披露する。音楽、振り付け、衣装、地方車までこだわりが満載で「私らを見て」「うちが一番」のオンパレード。どこから見ていいか分からないあなたに、まずは全チームをご紹介―。

≪さ≫
【祭会】 115人、5回出場
 踊り子は幽霊海賊船の乗組員。ホラーの中の超絶な楽しさ!一歩足を踏み入れたら二度とは帰ってこられない世界。共に、永遠に終わらない航海へ!

【祭彩華】 45人、7回出場
 曲や衣装などは西条祭りをよさこい風にアレンジ。今年は地方車をリニューアルして、西条らしさを強めました。秋には西条に見に来てみませんか?

【祭屋―Saiya―よさこい踊り子隊】 130人、7回出場
 祭り好きが大集合。祭りでの出会いを大切に、テーマは「縁」。ヨーヨー柄の衣装に、にぎやかな演奏隊。祭りらしく、ワイワイ、ガヤガヤ踊ります。

【菜園場“菜の笑″さ組】 110人、61回出場
 子どもたちが持つ目玉柄の大きなポーチには、「その目で世界を見て来てほしい」という大人の願いを込めました。ギョロッと目玉が並ぶ前夜祭に注目!!

【桜 高知中央高等学校】 116人、13回出場
 テーマは「桜花天舞」。踊り子が風に舞う桜となり、ショートフラッグやアクロバットも交えて舞います。音楽も生徒の生演奏。若い感性を感じて。

【ざっくばらん佐川】 65人、11回出場
 踊り3割、飲み7割。ジャンプしない。ターンしない。激しい踊りはしない。だって酔っぱらいもいるもので…。お酒とよさこい大好きな踊りを見て!!

【爽郷(さっさ)やまもと連】 60人、10回出場
 地元香川県三豊市に伝わる「浦島伝説」が題材。浦島太郎と乙姫の衣装で、竜宮城での楽しい時間を表現します。クライマックス、玉手箱を開ければ…。

【サニーグループよさこい踊り子隊SUNNYS】 109人、34回出場
 五輪イヤーの今年は聖火をイメージした「つなぐ★よさこいFire」。5色の衣装に包まれたサニーちゃんたちがよさこいの炎を世界に発信します。

【さぬき踊らんな連】 64人、23回出場
 踊り子が地元香川の金刀比羅宮に向かう飛脚になり、力強く駆け抜けます。お座敷遊び「こんぴらふねふね」の振り付けは、お客さんもぜひ参加を。

【さぬき舞人】 75人、9回出場
 祭りは観客の血を騒がせてなんぼ。太鼓のばちと鳴子を使った激しい踊りで客席を巻き込み、一心同体になります。かさをかぶった女踊りの色気も必見。

【サボタージュ】 145人、16回出場
 踊り子が1体の「蒼龍」となり、力強く天に昇ったりうねったり。旗やあや棒を操り、女性チームならではの、かっこよくかわいい舞を目指します。

【Summer Zipper】 70人、4回出場
 海援隊をテーマに、乙女姉やんを乗せて世界を巡りたかった龍馬の思いを表現します。赤白赤の二曳(にびき)柄の旗を手に、さあ、船出だ!

【Summer enguinS】 55人、19回出場
 費用も練習も、最も敷居が低いチーム。きれいにはそろわなくても、笑顔はみんなに届くはず。踊り子各自が自由な振り付けで踊るパートもお楽しみに!

【讃州讃岐よさこい連 極】 52人、10回出場
 チーム結成10年の節目の年。過去に踊った楽曲を入れた音楽に乗って、これから始まる未来への思いを踊りに込めました。衣装の早脱ぎにも初挑戦。

【JR四国踊子隊】 71人、48回出場
 今年も人気のアンパンマン列車を再現した地方車で、列車に負けない元気な踊りを披露。車内アナウンスも流れます。制服姿の駅員と一緒に出発進行!

【四国銀行】 113人、62回出場
 今年は銀行のイメージカラーに合わせた青と黄色の衣装、正調を生かしつつ銀行らしさを入れた曲に刷新。みなさんへの感謝を込めて踊ります!

【四国ろうきん】 90人、16回出場
 今年は四国労金の創立15周年。職員の心意気を込めた歌詞、飛脚をイメージしたコミカルな振り付けで、感謝を楽しく伝えられるよう頑張ります。

【支志團】 40人、10回出場
 地元の広島県福山市は今年で市制施行100周年。アットホームなチームの絆を生かし、前半はしっとり、後半はにぎやかに、踊りで福山の魅力を伝えます。

【四万十町よさこい踊り子隊 四万夢多】 62人、4回出場
 川のせせらぎ、鳥の声、船出の汽笛…。町内各地で聞こえる音を練り込んだ曲と郷土愛あふれる踊りで、美しい四万十町の風景を演舞場に描きます。

【市民憲章よさこい踊り子隊】 150人、42回出場
 飛び入り参加、大歓迎! 誰でも踊れる振り付けを、10、11日の午後2時ごろから追手前高校で練習します。踊りの途中で勝手に飛び込んでも大丈夫!

【十人十彩】 130人、17回出場
 2年ぶりの復活でも変わらぬ十彩ならではの隊列美と、男の粋、女の艶は必見。移り変わる月のはかなさを舞に映しだし、鍛錬の成果を一瞬に込めます。

【陣】 130人、18回出場
 背中のマントで風を起こし、フィンガーライトを指先で光らせ、昼と夜で違う表情をお見せします。笑う門には福来たる。みんなに福と笑顔を届けたい!

【須賀IZANAI連】 130人、17回出場
 テーマは太陽。昨年の月から一転、衣装にも光があふれます。躍動の振り付けは全国30カ所で出張指導。みなさんに元気、自信、感動を届けます!

【杉の子3園ちびっこ隊】 130人、32回出場
 5、6歳の年長児が笑顔の花を咲かせます。衣装も曲調も本格的な「和」テイスト。地方車制作には高知学園美術部も協力。本番が楽しみ!

【すさき~真実~】 50人、4回出場
 地元名物「鍋焼きラーメン」などをイメージして衣装は黄色。鳴子には「しんじょう君」。地域への感謝を込め、須崎を思いっきりアピールします。

【セントラルグループ踊り子隊】 90人、18回出場
 しばてん音頭とジャズを融合。男性衣装の背中にも妖怪「しばてん」が…。今年は例年以上の完成度。金賞、いや大賞を目指して躍動します!

【全日本グループ】 90人、3回出場
 警備業などのグループ会社が立ち上げ、来年はいったん休止予定。和楽器をふんだんに取り入れ、男女の恋物語をしなやかに、ダイナミックに表現します。

【総合クラブとさ「青龍」】 110人、10回出場
 地方車に土佐市のマスコット「とさごん」。参加10回目のテーマは「十舞楽笑(じゅうぶがくしょう)」。歯切れ良い、鳴子の音を楽しんで!

【ぞっこん町田’98】 80人、6回出場
 エネルギーの雷が落ちて街も踊り子もイケイケに! そんなストーリーをエネルギッシュに踊り切る。腰に巻いた幕と、頭のかさが衣装のポイント。

【宇宙~SORA~】 53人、4回出場
 結成18年。岡山の「うらじゃ踊り」で経験を積み4年前から念願のよさこいに参加。観客の温かさなど高知でしか味わえない感動に会いに、今年も。

【そら】 35人、★初出場
 前回まで「かんしゃら」として活動したメンバーら、関西の若手中心。とことん明るく曲も衣装もディスコ調。聖地「高知」でフィーバー!

【空山商店―HAZUKI―】 90人、4回出場
 イメージは元気でひょうきんな「昭和」。ずばりドリフターズ。手がつるぐらい鳴子を振り獅子舞も登場します。しまなみの海など今治の自然もPR!

≪た≫
【大富士with雄大グループ】 80人、3回出場
 音楽はよさこい節に地元・静岡の「ちゃっきり節」を交えて楽しく仕上げました。日の丸の扇子と、背中に満月が描かれた衣装で楽しく舞います。

【ダイヤモンドダイニングよさこいチーム】 100人、3回出場
 高知から宇宙へ―。メタリックの衣装の「よさこいインベーダーズ」が宇宙へ届くようなパフォーマンスを見せます。光の演出を施した地方車も必見。

【高須子ども会】 113人、25回出場
 高須小学校の1~6年生のチーム。6年生が下級生に熱心に指導して練習してきました。踊りの合図は学校のチャイムの音! 元気いっぱい踊ります。

【高松よさこい連】 75人、16回出場
 「輝ける大地」をテーマにバラードメーンの楽曲で神話の世界観を表現する。伝統芸能「三番叟(さんばそう)」の柄を取り入れた男性の衣装にも注目です。

【TACYON】 90人、2回出場
 1曲の中にアップテンポ、バラード、ラップを織り交ぜ、三つの場面を構成。踊り子たちが縦横無尽に動いて変えるフォーメーションは圧巻。

【旅鯨人】 80人、21回出場
 高知大や高知県立大など県内の学生たちでつくるチーム。周囲の人たちへの感謝を込めてテーマを「結」にしました。アップテンポの踊りで沸かせます。

【魂響―たまゆら―】 38人、3回出場
 チームカラーを赤から青にすきっと一新。地方車も手作りしました。踊り子の前方にいる生バンド部隊の生演奏に合わせて、笑顔を弾ませ踊ります。

【だるま】 150人、4回出場
 だるまを頭に飾った踊り子たちがアップテンポの音楽に合わせて炎天のお城下をさらに熱く、楽しくします。恒例の三三七拍子、どうぞ皆さんご一緒に!
【俵屋グループ】 120人、24回出場
 「土佐尾長」をテーマに、踊り子たちが国の特別天然記念物の「オナガドリ」を演出。優雅に、しなやかに俵屋流のおもてなしを表現します。

【ダンスクリームAZUKI by 建匠】 80人、11回出場
 昨年末から練習し、肉体的にも精神的にも追い込み、鍛えたダンスを披露。高知の書家によるAZUKIの文字をあしらったオリジナル衣装も見どころ。

【Team GET】 50人、19回出場
 1970年代のディスコ音楽に乗せ、今年もファンキーにいきましょう。競演場をディスコ会場に。踊り子も観客の皆さんも、レッツパーティー!

【TEAM Tiare by TIARE TAHITIANS】 31人、3回出場
 優雅さと激しさを持ったタヒチアンダンス。正式衣装を身にまとい、タヒチの世界にいざないます。合言葉は「高知を日本のタヒチの聖地に」。

【チーム陽】 75人、11回出場
 去年で10周年を迎え、今年は原点に戻りこれまでの感謝を胸に再出発。母校の土佐中高校の校歌を織り交ぜた音楽を使い、喜びや誇りを表現します。

【ちかもり】 107人、7回出場
 近森病院創立70年の今年は、紅白を基調とした衣装に一新。医師も看護師もみんな気合十分。生の太鼓演奏に合わせエネルギッシュに舞います。

【茶蔵―chakura―】 80人、12回出場
 飲食店「茶蔵」に通っていた客が中心となり結成。いかに楽しむかがモットー。赤を基調としたアジア風衣装を身にまとい、エキゾチックに舞います。

【津山よさこい踊らん会 紅】 40人、7回出場
 岡山県津山市の「よさこい大好き」な仲間たちが集いました。平均年齢は少々高め。キレはないけれど、コクと味わいのある踊りを披露します!

【T―style (ティースタイル)】 100人、7回出場
 華麗かつダイナミックな踊りで喜怒哀楽を表現します。衣装やフラフのデザインなど、ほとんどがスタッフの手作り。新調した地方車にもご注目を。

【でけでけ隊】 100人、2回出場
 香川県内の特別支援学校の生徒や卒業生が中心のチーム。テーマはリオ五輪に合わせ「カーニバル」。太陽に負けないくらい元気いっぱい踊ります!

【てんてこ舞】 83人、18回出場
 ハンディのあるなしは関係のないチーム。4歳から93歳までの老若男女が元気いっぱいはじけます。一瞬を大切にしながら軽快に、自由にゆこう。

【東京土佐寮】 25人、43回出場
 43年連続出場の今年のテーマは「既成概念の破壊」。従来のシンプルな演舞を刷新し、ダンス部の寮生がアップテンポに振り付け。少数精鋭で挑みます。

【同志社大学よさこいサークル「よさ朗」】 120人、7回出場
 よさこい踊ろう!を縮めて「よさ朗」。結成11年目で心機一転、初の衣装替えに挑戦。出会いの大切さを、刻一刻と変わりゆく空模様で表現します。

【とらっくよさこい(ちふれ)】 150人、2回出場
 旧とらっくメンバーが立ち上げたクラブチーム。とらっく流の隊列美、全体美を徹底追求。観衆も一緒にヨッサホイサ!! 高知の夏を盛り上げまくる。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能よさこい祭り文化


ページトップへ